産後ダイエットFOOD

 

産後ダイエットの最も重要なポイントとは、食事と適度な運動です。とはいっても、妊娠前に、全然ダイエットの経験がないという方などはどんなふうにすればいいのか戸惑ってしまうかもしれませんね。そこで、産後ダイエット中の食生活についてのポイントについてまとめてみました。

 

大きな勘違い

 

まずフルーツについてですが、甘くて栄養のあるフルーツは、ビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、たくさん食べれてもいいようなイメージがあるかもしれません。ところが、実は、フルーツに含まれる果糖は、みなさんが思っているよりもはるかに高カロリーです。もしも、フルーツを食べるのであれば朝かお昼だけにして、少量摂るという方法にしましょう。


また、産後ダイエットでなく普通のダイエットであっても、大敵なのが揚げ物などの油物です。たまに、ものすごく食べたくなる衝動に駆られますが、それはきっと誰にでもあるでしょう。そんな時には、よりカロリーが少なくなるようにあまり衣をつけずに、素揚げのものを食べる事と、夕食よりも、昼食時に食べるようにする事を心がけてください。


加工食品も、脂質や糖質、または塩分が高ものが多く、それらもダイエット時期には極力避けてほしい食品です。佃煮や漬物なども、できれば自家製のものをとるようにし、少量に抑えたいところです。産後の体調が安定してきたら、高カロリーな食品は避けて、低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食事メニューにしましょう。また、一日三食を、規則正しく、そしてきちんとバランス良く摂ることが大切です。食生活が不規則になると、産後ダイエットは成功しません。

 

 

オススメメニューはこれ!

 

ここで、オススメしたいのがお味噌汁!汁物にできるだけ具を沢山入れて作れば、一品で多くの野菜を摂る事ができますし、しかも簡単!また、おでんも低カロリーでおすすめのメニューです。ただし、はんぺんなど、魚肉の加工製品は、意外と高カロリーなので、注意してください。おでんを作るときに、だしで煮ただけの大根やニンジンをとりわけておけば、離乳食としても活用できます。いろいろと食事方法などを工夫して、手間なく産後ダイエットに取組んでみましょう。

 

トップへ

 

産後ダイエットを成功させる食生

 

産後ダイエットを成功させる為に、もちろん適度な運動を取入れるのがいいのですが、それと同時に食生活を工夫して生活する事も大変重要になってきます。しかし、食生活に関して食べたいものを無理に我慢し続ける事は、人によっては非常に苦痛でかえってストレスの原因になってしまいます。ストレスを溜め込まずに、効果的に、そして必要な栄養分だけを摂取できるような食生活を送れるか?ということが、産後ダイエットにとっては大きな課題といえるでしょう。そこで、産後ダイエットを成功に導くためのポイントをいくつかまとめてみました。

 

産後のダイエットに理想的な食事方法は、低カロリー、かつ高タンパクな食品を摂るよう心掛ける事です。お勧めの食品は、植物性タンパク質を多く含む大豆食品や、野菜類、キノコ類や海藻類など。また、動物性タンパク質は、肉類よりも魚で摂るようにするといいでしょう。炭水化物は、朝食や昼食で摂って、もし夜に摂ったとしても、なるべく量を少なめを心がけます。油分を多く含む食品や、揚げ物などは、食べたくなったら極力夕食時は避けて朝食か昼食で摂るようにしてください。

 

また、特にカルシウムや鉄分はお母さんの体にとっても、母乳育児の時期なら、赤ちゃんの健康にとっても、大切な栄養素になります。小魚や乳製品、プルーンやレバーといった食品は、摂りすぎには気をつけて、うまく取入れるようにしましょう。夜泣きがひどい赤ちゃんの場合などは、お母さんに負担がかかってしまい、疲れやストレスが溜まってしまうかもしれません。イライラ解消のために、大好きな甘いものや、スナック菓子に手が伸びてしまうかもしれませんが、産後ダイエットに、このような食品はNGです。

 

どうしてもおやつが食べたくなった時には、小魚類やチーズ、またはプルーンなどを、少量づつゆっくりと時間をかけて食べるように心がけましょう。そして、遅い時間の間食は、なるべく避けるようにしましょう。また、高塩分、高脂質な食事を避ける事も重要で、そういった意味でも、洋食よりは和食中心の食事にした方が、産後ダイエットにとっても、健康にとっても、赤ちゃんにとっても良いでしょう。規則正しい食生活を送って、健康的に痩せる事ができることが理想ですね。


最終更新日:2017/3/30

トップへ